全身脱毛でニキビができやすくなるって本当?

全身脱毛を受けることで、ニキビができやすくなる方は実際にいます。
特にサロンの全身脱毛の場合、光を照射することで肌の新陳代謝がよくなるのです。
血行がスムーズになったり、発汗が増えたりなどの症状を自覚する方は多いです。
汗には皮脂が多く含まれているので、発汗量が多くなればニキビのリスクも高まるでしょう。
また溜まった毒素が排出される際に、一時的に肌トラブルが起こることもあります。
毒素は脂肪周りに存在しており、脂肪燃焼を妨げています。
サロンの全身脱毛によって脂肪の燃焼が促進されると、脂肪周りに存在した毒素が排出されるのです。
そのときにニキビが発生しやすくなりますが、これは一過性の症状なので特に問題はありません。
体内毒素が減少していけば、自然と肌荒れは収まってくるでしょう。

長期的に考えれば、全身脱毛を受けることで肌荒れのリスクが上がることはありません。
むしろムダ毛がなくなることで、スキンケアが容易に行えるようになるメリットがあります。
ムダ毛が多いと汗や皮脂が毛にまとわりつくので、落としにくくなるのです。
ムダ毛がなくなると簡単に汚れを落とせますし、消臭アイテムも塗りやすくなるでしょう。
ただし、ツルツル肌になったのを喜んで紫外線ケアをせずに肌露出を続けていれば、肌乾燥からニキビが生じることはあります。
全身脱毛後は保湿ケアを徹底し、肌を乾燥させないようにしてください。
保湿さえ十分に行っておけば、脱毛前より肌トラブルのリスクは低くなるはずです。

Comments are closed.